スタッフブログ

ふたり暮らし~定年後をどう暮らす?50歳から関あげるふたり暮らしリフォーム~

子どもが結婚や独立などで巣立ったあとの、ご夫婦ふたりの暮らしを考えたことはありますか?

まもなくご主人が定年をお迎えになるご夫婦は、恋愛結婚が主流になった時期にご結婚された世代。

デートで食事や映画などを楽しまれ、お互いの趣味や好みも分かりあっている“ともだち夫婦”が多いと思います。

ところが、ご主人が仕事で家庭を離れがちになり、ふたり一緒の時間が少なくなっていくうちに、

別々の生活リズムやペースの暮らしになって今にいたっていませんか。

これからご夫婦ふたりだけになる暮らしは、子どもができる前のふたりの暮らしとは違い、実はこれまでになかった時間のはじまりです。

ともすると、夫婦のふたり暮らしがぎくしゃく…なんてことも。

その時に大切なのが、心地よい「距離感」です。

シーンに応じて、居心地のいい場所がおふたりそれぞれにあるかどうかが

とても重要なポイントになるそうです。

そうすることで、ふたりの距離がもう一度近づくのだとか。

 

 

 

\データから見る50歳からのふたり暮らしのヒント/

ヒント① ご主人は定年後、自分の時間が増えます。そのため自分の時間を充実させる工夫が必要です。

ヒント② また奥様は自分の時間は減ったと答える方が約半数。自分の時間を如何に増やすかが大切です。

 

ヒント③ 夫の家事参加への意識を変えるために、環境を変えてみるのも一つの手段です。

ヒント④ 家事のやり方が分からないというご主人には一緒に家事をして学んでもらうことも。

 

時には寄り添い、時にはお互いの空間を大切にする

ご夫婦おふたりらしいこれからの暮らしを考えてみませんか?

 

PanasonicリフォームClub植松建興株式会社はご夫婦ふたりの新しい暮らしづくりに、

“なるほど!”と感じていただける、おふたりのためのリフォーム「フタリフォ」に数多くの実績があります。

 

 

▼▼▼リフォーム事例のご紹介▼▼▼

(※ショップ様が独自に作成されることを想定)

こちらは、お子さま達が巣立ち、

夫婦ふたりで暮らすことを考えてリフォームされた築30年のT様邸。

2階は減築して間取りをコンパクトにしたものの、生活動線をしっかり考慮したため

「窮屈さはまったく感じません」と奥様。

屋根を架け替えてキッチンとリビングを勾配天井にし、

陽光がよく入る開放的で気持ちのいい空間に。

屋根のあるテラスでゆっくりとひとりの時間を楽しむことも可能になりました。

ご相談はこちらから
0120-261-146 0120-261-146
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る